経営分析/財務分析

send link to app

経営分析/財務分析



4.35 usd

経営の世界は数字が全てを物語ります。 経営者や管理者は数字で正確に経営状況を判断し、数字を基に対応・行動する必要もあります。 経営分析/財務分析は、この決算から予算へと橋渡しする大切な役割を担っています。 経営分析/財務分析で客観的なモノサシとなる計数を把握して、問題があれば早急に対応策を考え、次へのステップを展開していなかければなりません。 経営分析/財務分析アプリでは、財務諸表データを入力することで、視覚的にわかりやすい分析結果を表示します。 ・実績:財務諸表の視覚化、収益性・安全性・生産性・効率性の分析 ・比較:年度・同業者等の財務諸表/分析を比較 ・評価:自社のポイントとなる分析項目をレーダーチャートで評価
【分析】 財務諸表・BS/PLの視覚化、一覧表 収益性:売上高と各利益・売上高経常利益率・売上高総利益率・総資本利益率・自己資本利益率・財務レバレッジ 安全性:流動比率・当座比率・自己資本比率・負債比率・固定比率・固定長期適合率 生産性:付加価値比率・労働分配率・販売管理比率・人件費率・1人当り営業利益 効率性:総資本回転率・固定資産回転率・売上債権回転期間・棚卸資産回転期間・買入債務回転期間
■会社情報の設定 ・複数の会社を比較・評価することができます。 ※財務諸表データはこの会社情報を選択することで入力します。
■財務諸表データの入力 会社および年度を指定し、その年度の財務諸表データを入力します。 ※製造原価、売上原価(内訳)は省略可能ですが付加価値、人件比率に関連します。
■経営分析 分析項目を選択し、分析対象となる財務諸表データを指定します。 ※業種平均は中小企業庁の平成22年度決算実績を参考にしています。 ※業界平均は「業種情報」にて修正することができます。 ※特に「1人当り営業利益」は入力単位(円)に影響しますのでご注意下さい。→評価にも関連します。
■比較分析 比較した財務諸表データを選択し、分析項目を指定します。 ※比較件数はMAX3件です。
■評価定義 評価分析にあたって、評価定義を行います。 ※新規作成 ・評価定義名称と業種を入力、分析項目(MAX8)を選択し[保存]します。 (評価定義が自動作成されます。→自社の仕様に合わせて編集して下さい) ※一覧から該当する評価定義を選択すると編集できます。 (さらに分析項目を選択すると評価条件を編集できます。)
■評価分析 該当する評価定義を選択し、分析対象となる財務諸表データを指定します。 ※必要に応じて評価定義を編集して下さい。
★ご要望・改善点等ございましたらメールにてお願い致します。(info@39software.net) バージョンアップの参考にさせて頂きます。